入札に参加するメリット

官公庁入札に参加するメリットは以下のようなものがあげられます。

その1  とにかく、巨大市場です。

中央省庁・外郭団体・全国の各自治体を含めた数千もの機関から発注されます。ですから、入札市場は入札案件数が莫大な量にのぼる巨大市場です。入札案件も「工事」を含め、「物品調達」・「役務提供」に至るまで、あらゆる種類のものが豊富にありますので、どの業種にも新規開拓の場として売上アップにつながります。「入札参加資格」さえ取得すれば、事業者の規模に関係なく誰でもこの入札マーケットに参入できます。

その2  案件数が安定している。

案件数が多いだけではありません。その案件数が毎年安定しています。おまけに、公的機関からの発注ですから、景気に左右されません。毎年安定した多くの案件数があるなんて、日頃から案件探しにやっけになっている会社からすれば、夢のような市場です。

その3  支払いが確実です。

相手が、官公庁、自治体なので、支払いが確実です。民間企業と違って倒産する可能性もゼロに近く、安心して請け負うことができます。ですから、資金計画も立てやすくなります。支払いが確実なんて、ホント、経営者にしてみれば安心で嬉しい市場です。

その4  対外的な信用度が上がる。

官公庁や自治体との取引実績は、それ自体が自社の信用やブランドにつながります。また、その実績が更なる取引を生み出す効果もあり、会社の成長につながります。仕事を取れば取るほど、信用力が付く、何ともありがたい市場です。



10日間無料トライアルを申し込む



入札王販売代理店(株)ダイヤルセブン

入札王販売代理店
株式会社ダイヤルセブン
TEL 06-6319-8040
お問い合わせ