入札案件(全国)

入札案件で一番多いのは「土木工事」と「設計・測量」

全国47都道府県の入札公告案件は、業種によってその数に大きく差が出ます。では、どの業種の入札公告案件が多いのでしょうか。一番案件数の多い業種は、「土木工事」です。次に「設計・測量」です。この傾向は毎年続いているようです。
入札案件(全国)

実際にどれほどの入札案件があるのか。直近5年間の案件数を調べてみました。

工事・物品・役務すべての直近5年間の公示入札案件数を調べてみました。発注機関は、中央省庁・その外郭団体・都道府県・市町村。発注エリアは、47都道府県。入札種別は、競争・公募入札のみ。入札資格はA~Eの全ランクです。
入札王

入札データブック『2022年入札白書(下半期/全国版)』が刊行されました。

既に刊行されています「2022年入札白書(上半期/全国版)」に続き、この度、入札総研から「2022年入札白書(下半期/全国版)」が刊行されました。今回の刊行は「下半期/全国版」のみとなり、価格は、2,800円<税込>です。
入札王

入札王に新規契約すると「入札白書」がもらえる。

只今、入札王に新規契約されますと特典として、(一社)入札総合研究所が発行する「入札白書」(3冊/PDF版)がもらえます。また、契約継続の場合にも、継続特典として、毎年新しい「入札白書」をもらうことができます。